────────────
神戸新聞 2003/11/21
────────────

【エコマネー「りば」あすから流通実験】

ちょっとした善意への対価として使うエコマネー(地域通貨)「りば」の三回目の流通実験が二十二日、加古川市内などで始まる。エコマネーへの理解を深めてもらうと同時に、実験期間中に生じた課題を研究。将来、本格運用する際の制度制定に役立てる。
同通貨の流通を目指す「加古川エコマネー実験研究会」の主催。
「りば」は善意へのお返しとして支払う地域通貨。利用者が助け合いをすることで流通する。近所同士で使ううちに交流が生まれるなど、コミュニケーションツールとしての役割も担う。
二十二日は午前十時から加古川市平岡町の兵庫大学でフォーラムを開催。また、デモンストレーションや体験会もある。
実験は来年二月二十一日まで。期間中、随時入会することができる。申し込み、問合せは同研究会事務局長の金澤さん。TEL:090-3719-9981

Back