Hot News !
・2006/11月8日 朝日新聞
・2006/11月8日 神戸新聞

■ 開催趣旨 ■
  
環境と人の関わりを多面的に考えるフォーラムです。
国際シンポジウムでは、スリランカや韓国から有識者を招き、さまざまな分野の専門家や地域の実践活動家などの参加を得て、ため池の持つ多面的な機能の今日的な意義について大いに議論を繰り広げたいと考えています。多くの方々のご参加を期待いたします。

ご参加・ボランティア・託児のお申し込みは・・・


----------------------------------------------------------------------------------------

■ 開催概要 ■

・日 時
平成18(2006)年
11月10日(金) 13:00〜16:30 シンポジウム
11月11日(土) 10:00〜15:30 分科会

・会場
兵庫県立大学環境人間学部(新在家キャンパス)
〒670-0092 兵庫県姫路市新在家本町1-1-12

● プログラム ●

第1日 11月10日(金)(大会議室F202)
※会場でポスターセッション同時開催

・環境人間学研究発表会 10:30〜12:30

・シンポジウム 13:00-16.30(開場 12.30)


基調講演1                          アーナンダ・ヘーラット
              (スリランカ 前アヌラーダプラ県警察長官)
                                   「スリランカのため池 昔と今」
基調講演2          徐 正浩 ソ・ジョンホ(韓国 蔚山科
                                  学大学環境生活化学科教授)
                                     「韓国のため池活用現況 」
パネルディスカッション
「地域のなかのため池、 いま、その継承と再生を
考える」
コーディネータ: 森下一男(香川大学工学部)
パネリスト: 上記2名の基調講演者
内田和子(岡山大学文学部)
蔵治光一郎(東京大学愛知演習林)
合田博子(兵庫県立大学環境人間学部)

・終了後 懇親会

第2日 11月11日(土)

・分科会(F101、102、301、302)) 10:00〜12:00

@「ため池の多面的機能」分科会
コーディネーター:桑子敏雄(東京工業大学大学院)。農水省ほか
A「ため池の治水効果」分科会
コーディネーター:島谷幸宏(九州大学大学院工学研究院)。ほか
B「ため池の地域ネットワーク」分科会
コーディネーター:森下一男・合田博子、播磨地域ため池協議会 ほか
C「環境教育・学習」分科会(事例報告&パネルディスカッション方式で行います。)
コーディネーター:熊谷 哲(兵庫県立大学環境人間学部)。
パネリスト:大学関係者、学校関係者、地域活動実践者、行政(県環境政策局)ほか

・全体会議 13:00−15:00

司会: 桑子敏雄 
発表者:各分科会コーディネータ

・グランドフィナーレ 15:00


■ 主催団体等 ■

国際ため池シンポジウム実行委員会(兵庫県立大学/日本学術振興会「人文・社会科学振興プロジェクト研究事業」(略式名称:人社プロ)連携)
協力:兵庫県、いなみ野ため池ミュージアム推進実行委員会(兵庫県、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)

■ 参加費無料 ■

-----------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ ■

〒670-0092 兵庫県姫路市新在家本町1-1-12 兵庫県立大学環境人間学部 岡田研究室
TEL  079-292-9315 (平日10.00-14.00)D-FAX 020-4669-1217
e-mail: okada-hisyo@shse.u-hyogo.ac.jp

----------------------------------------------------------------------------------------

ご参加・ボランティア・託児のお申し込みは・・・